本文までスキップする

Blog
ブログ

みなさんこんにちは

最近稲作に少し興味をもっている竹本です

 

 

今回のテーマは白米と角砂糖の違いについて執筆していこうと思います

 

巷ではよく白米は角砂糖何個分といった表現のされかたをします

そこで白米と角砂糖って同じものなのかと気になって調べてみました

 

 

まずは白米と角砂糖は炭水化物というグループに属されます

炭水化物は三大栄養素の一つで、糖質+食物繊維を合わせたものになります

例)白米や玄米などの穀類、じゃがいもやカボチャなどの芋類、果物やはちみつ、砂糖など

 

 

 

同じ炭水化物の仲間である白米と角砂糖は厳密には異なります

その違いは糖類です

簡単に言うと糖質の種類です

 

 

 

白米は多糖類

角砂糖は単糖類

この糖類がとても重要になります

 

 

 

糖類の種類は

 

単糖類・・・ブドウ糖(グルコース)←角砂糖

二糖類・・・乳糖(ラクトース)←牛乳

小糖類・・・オリゴ糖

多糖類・・・デンプン←白米

 

の四つに分類されます

 

これらの糖質は人間が活動するために必要なエネルギーとなります

単糖類はエネルギー吸収速度が速く多糖類は少しゆっくりと吸収されます

とは言っても多糖類のエネルギー吸収速度は脂質やタンパク質よりもかなり早いです

 

〈重要なポイント〉

 

エネルギーとして利用できるのは単糖類だけ

 

つまり、多糖類である白米は胃や腸で分解され最終的には単糖類(グルコース)となりエネルギーとして利用されます

なので白米と角砂糖があたかも一緒のように捉えられるのです

 

 

砂糖や蜂蜜などの単糖類はエネルギー吸収速度が速いため運動前や運動中に摂取するのがよく、運動をせずに摂取した場合は体内でエネルギーを保存しようして中性脂肪として蓄えられます

これが炭水化物=太るという認識に繋がるわけです

 

余談ですが、有酸素運動の主なエネルギー源は脂質、筋トレの主なエネルギー源は糖質になります

 

 

 

まとめると

筋トレを行なっていれば多少糖質を摂取しても脂肪になりにくいという事です

筋トレ頑張りましょう

 

 

 

 

Registration

新規会員登録・無料体験・ビジター利用・お問い合わせ

新規会員登録・無料体験・ビジター利用・お問い合わせはこちらのLINEからお願いします。